本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、くらしの情報の下の、健康と子育ての下の、ひとり親支援の下の、児童扶養手当です。

くらしの情報

児童扶養手当

このページを印刷する

詳しくは、事前にご相談・お問い合わせください。

 

【問い合わせ先】

女性こども課こども家庭係 TEL(0847)43-7139

児童扶養手当とは

児童扶養手当は、離婚による母子家庭や父子家庭など父又は母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給する手当です。

支給対象者

年齢が18歳に達する日以降最初の3月31日までの間にある(一定の障害を有する場合は20歳未満)子どもをもつ母子家庭の母、監護し、かつ生計を同じくする父子家庭の父、または当該父母以外の者で子どもを養育する養育者に支給されます。

支給要件

  • 父母が離婚した
  • 母又は父が死亡した
  • 母又は父が一定の障害の状態にある
  • 未婚の子を養育している          など

※所得制限などにより支給されない場合があります。詳しくは、お問い合わせください。

手当額

子どもが2人以上いる場合には、1人目の額に2人目以降の額が加算された額になります。

 ○子ども1人目   42,330円〜9,990円(月額)

 ○子ども2人目   10,000円〜5,000円(月額)

 ○3人目以降    6,000円〜3,000円(月額)

※具体的な手当額は所得に応じて決まります。

所得制限の額

 
扶養親族等数 本人 配偶者、扶養義務者、
孤児等の養育者
全部支給 一部支給
所得額 所得額 所得額
0人 190,000 1,920,000 2,360,000
1人 570,000 2,300,000 2,740,000
2人 950,000 2,680,000 3,120,000
3人 1,330,000 3,060,000 3,500,000
4人 1,710,000 3,440,000 3,880,000

(単位:円)

*子どもの父から養育費を母又は子どもが受け取った場合は、その額の8割相当額が所得に加算されます。(父の場合も同じ)

手当の支払時期

原則として毎年4月、8月、12月にそれぞれの前月分までが支払われます。(口座振込による)。

手続き

離婚等で新たに支給を受けようとする場合には、「認定請求書」の提出が必要です。

 

※新規手続きに必要なもの  

  ○ 戸籍謄本(1ヶ月以内に発行されたもの)

       ・子どもの母又は父との離婚日や死亡日が記載してあるもの

  ○ 所得課税証明書(1ヶ月以内に発行されたもの)

  ○ 請求者名義の通帳

  ○ 年金手帳(請求者のもの)

  ○ 健康保険証(請求者と子どものもので、子どもの扶養が確認できるもの)

  ○ 印鑑(認印で可)

  ○ これらの他、必要に応じて提出する書類があります。

 

※更新手続き(毎年8月に「現況届」)や変更手続き(転出など)も必要となります。

 

※法第13条の2の規定に基づく一部支給停止措置について

平成20年4月から、児童扶養手当の一部支給停止措置(減額)が行われています。

減額の対象となるのは、養育者を除く受給者が、手当を受けてから5年以上経過(又は支給要件に該当してから7年経過)した方で、現在受けている手当額が2分の1になります。

該当の方にはお知らせしますので、必要書類を提出してください。手続されますと、手当が減額されず受給できます。

受付場所

市役所女性こども課または上下支所市民生活係

お問い合わせ

広島県府中市 健康福祉部 女性こども課
〒726-8601 広島県府中市府川町315
電話:0847-43-7139 (窓口業務時間
FAX:0847-46-3450
メールによるお問い合わせ

※メールでの申請はできませんのでご注意ください。

 

広島県府中市 上下支所 市民生活係

電話:0847-62-2114 (窓口業務時間
メールによるお問い合わせ

※メールでの申請はできませんのでご注意ください。

ひとり親支援へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです