本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、くらしの情報の下の、健康と子育ての下の、健康づくりの下の、子どもの予防接種

くらしの情報

子どもの予防接種

このページを印刷する

子どもの予防接種に関するお知らせ

 

@ 現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません
子宮頸がん予防ワクチン接種後に、持続的な痛みを訴えるといった副反応が報告されています。その因果関係や発生頻度について現在調査中であるため、一時の間接種の積極的勧奨を行いません。

積極的勧奨が再開しましたら、再度お知らせします。

 

A日本脳炎の予防接種についてのお知らせ

日本脳炎予防接種の接種機会を逃された方の接種方法等について、詳細は下記をご覧ください。

日本脳炎の予防接種について

 

定期予防接種

「定期」の予防接種は予防接種法に基づき府中市に居住する人対象に実施しています。

予防接種を受けるときは、母子健康手帳、予診票及び年齢の確認できるもの(健康保険証等)を持っていきましょう。

定期予防接種の種類と対象者

この定期予防接種は、ワクチンにより接種年齢や接種回数が決められています。詳しくは下記をご覧ください。

予防接種の種類と対象者一覧(PDF形式:81KB)

予防接種実施医療機関について

府中市では、定期予防接種を個別で行っております。受信の際は、母子健康手帳、予診票及び年齢の確認できるもの(健康保険証等)を持っていきましょう。

予防接種実施医療機関一覧表(PDF形式:109KB)

医療期間により、実施している予防接種の種類がことなります。また、予約が必要な場合がありますのでご確認ください。

 

府中市外で接種するには

府中市外での接種を希望される場合は、広島県内は広域予防接種券により、無料で接種できます。広島県外で接種される場合は、府中市が発行する「定期予防接種実施依頼書」が必要になります。必ず事前に健康医療課元気づくり係(0847-47-1310)にご連絡ください。

 

「対象年齢以外で接種した」「定められた接種間隔、回数を守っていない」などの場合、任意予防接種となり、費用は自己負担になるうえ、接種による健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けられない可能性があります。接種スケジュールにそって、接種し忘れることのないようにしましょう。

 

予防接種を受けるときの注意点

1.予防接種を受ける前に

  • 朝からお子さんの状態をよく観察し、普段と変わりがないか、体調が悪そうでないか確認しましょう。
  • 受ける予防接種について、生後2か月ごろにお配りしている冊子「予防接種と子どもの健康」をよく読み、必要性や副反応を理解しましょう。
  • 予診票は責任を持って記入し、母子健康手帳とともに医療機関へ持参してください。
  • お子さんの日ごろの状態をよく知っている保護者の方が連れて行きましょう。
  • 気になることがあるときは、事前にかかりつけの意志によく相談し、今後のスケジュールを決めましょう。

2.予防接種を受けられないケース

  • 熱がある(37.5度以上)。
  • 重い急性疾患にかかっている。
  • 今までの予防接種によってアナフィラキシー(ショック状態になるような激しいアレルギー反応)を起こしたことがある。
  • 生ワクチンを接種して27日以上経過していない。または、不活化ワクチンを接種して7日以上経過していない。
  • 医師に予防接種を受けない方がいいと診断された。

 

お問い合わせ

広島県府中市 健康福祉部 健康医療課元気づくり係(リ・フレ内)
〒726-0011 広島県府中市広谷町919番地3
電話:0847-47-1310 (窓口業務時間
FAX:0847-47-1320
メールによるお問い合わせ

※メールによる申請はできませんのでご注意ください。

健康づくりへもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです